Loading
第44回(2024年)草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル開催!

STAFF BLOG

【くさつ音楽アーカイヴ】白井光子、ライスター&ヘル シュポア「6つのドイツ歌曲」より 1982年

「くさつ音楽アーカイヴ」厳選名演の5曲目は、シュポア:「6つのドイツ歌曲」作品103より第6曲「目をさませ」を、白井光子の歌唱、ハルトムート・ヘルのピアノ、カール・ライスターのクラリネットでお届けいたします。
 ドイツを中心に活躍している世界的リート歌手、白井光子が草津に登場したのは1982年、3年目の音楽祭で、声楽クラスでの指導、圧倒的人気の演奏会で音楽祭の歴史に大きな足跡を残しました。「6つのドイツ歌曲」の演奏には、白井と「リート・デュオ」として長年パートナーを組み高い評価を得ているヘルのピアノに、この年から音楽祭に参加した巨匠ライスターのクラリネットもオブリガートで加わり、理想的な顔ぶれによる共演が草津で実現しています。

L.シュポア:「目をさませ」 ~6つのドイツ歌曲 作品103より第6曲
白井光子(Sop)、H.ヘル(Pf)、K.ライスター(Cl)
録音:1982年7月22日(本庄文化会館) ※音楽祭期間前の録音です。

次回の「くさつ音楽アーカイヴ」の更新は8月11日(火)を予定しています。

関連記事

  1. 【事務局長のエッセイ集】エリザベート・シュヴァルツコップと草津③

    2020.08.27
  2. 【ビーバ博士のエッセイ集】ヴェルディ、ワーグナー、そしてウィーン

    2020.09.16
  3. 【ビーバ博士のエッセイ集】ウィーンのリヒャルト・シュトラウス

    2020.09.23
  4. 【くさつ音楽アーカイヴ】フランチェスキーニ、ブリツィ&オルケストラ・ダ・カメラ・…

    2020.09.29
  5. 【Message】トーマス・インデアミューレ先生からのメッセージ 第一弾

    2020.07.28
  6. 【事務局長のエッセイ集】アーティストたちとの絆~音楽祭の原点 1980年②

    2020.09.19

Twitter 音楽祭情報

Twitter チケット情報

Facebook

PAGE TOP