Loading
草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

STAFF BLOG

講師からのメッセージ 2023【④】

今回は、この夏、初来草となるヴァイオリンのヴィルトゥオーソ、シュロモ・ミンツさんからのメッセージをお届けします。

世界を股にかけ東へ西へとご多忙なミンツさんですが、2週間のスケジュールを草津のために空けて下さり、はじめてのマスタークラスが実現します。

16歳でスタインバーグ指揮のピッツバーグ響とブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏してカーネギー・ホールにデビュー、その後のご活躍はここで語らずも、ご存じの方が多いと思います。
これまでに、モスクワのチャイコフスキー・国際コンクール(1993年)、ブリュッセルのエリザベート王妃国際音楽コンクール(1993年、2001年)などの国際コンクールの審査員を務め、また、ポーランドのポズナンで開催されたヘンリク・ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール(2001年10月)の審査委員長、2002年から2011年までは、スイスのシオン・ヴァレー国際ヴァイオリンコンクールの審査委員長を務められました。詳しいプロフィールはこちら。

草津では、予定されている彼のマスタークラスはもちろんの事、常連講師陣とのアンサンブルも必聴です!
シュロモ・ミンツさんのコメント動画はこちら➡➡➡Prof.Shlomo Mintz

関連記事

  1. 開幕まであと1か月と1週間!

    2019.07.10
  2. 草津の遅い春

    2016.05.12
  3. 雪の草津より

    2019.03.14
  4. 講師からのメッセージ 2023【⑤】

    2023.03.29
  5. 始動!2023年夏の音楽祭に向けて

    2023.02.08
  6. 講師からのメッセージ 2023【⑦】

    2023.04.28

Twitter 音楽祭情報

Twitter チケット情報

Facebook

PAGE TOP