Loading

STAFF BLOG

アカデミーが積み重ねてきたもの(アーティストとの出会い②)



この夏の我々の音楽祭、名物のマスタークラスは残念ながらお休みです。

しかし、これまでの40年間で輩出してきた沢山のアカデミー卒業生が、プロとして草津の舞台に立ち、今年の音楽祭を盛り上げてくれます。

8月19日のコンサートに出演されるオーボエの高橋鐘汰さんもその一人。

草津のオーボエ奏者といえば、次回の来草で30回の節目を迎えるトーマス・インデアミューレ先生ですが、高橋さんも、そのクラスの第35回(2014年)卒業生です。

今回、澤クヮルテットとの共演される関係を不思議に感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、高橋さんはCapriccioに尹 伊桑のオーボエ四重奏曲をレコーディングされおり、このことがインデアミューレ先生からのお墨付きをいただき今回の出演に繋がりました。https://ml.naxos.jp/work/6998040

今年、外国人の招聘が叶えばインデアミューレ先生が演奏されるはずだったこの曲を、先生のご希望、応援もあり、高橋さんが務めることになります。

草津のアカデミーが積み重ねてきた若手アーティストの育成が、ここにもひとつ花開く瞬間。8月19日のコンサートも必聴です!
8月19日(木)のコンサート情報はこちら。

 

草津初登場のアーティストとの出会い

ベッチャー先生が残してくれたもの(アーティストとの出会い③)

関連記事

  1. 小さなお知らせ

    2022.02.22
  2. 音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/23(Mon)

    2021.10.15
  3. 草津の春が始まりました。そして「草津アカデミー at ぐんまちゃん家」

    2017.05.09
  4. 開幕まであと1か月と1週間!

    2019.07.10
  5. 音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/25(Wed)

    2021.10.15
  6. ベッチャー先生が残してくれたもの(アーティストとの出会い③)

    2021.08.08


Twitter

Facebook

PAGE TOP