Loading

STAFF BLOG

【くさつ音楽アーカイヴ】シュルツ、吉野直子&キンボー・イシイ 2012年

「くさつ音楽アーカイヴ」厳選名演の17曲目は、モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299(297c)より第2楽章アンダンティーノ。ヴォルフガング・シュルツのフルート、吉野直子のハープ、キンボー・イシイ指揮、草津フェスティヴァル・オーケストラの演奏でお届けいたします。
草津の音楽祭には数々の名フルーティストが参加していますが、ウィーン・フィルの首席を務めたシュルツもそのひとり。師のニコレ、その師のA. ジョネも草津のプロフェッサーに名を連ねています。1998年から合計10回、草津の音楽祭に参加したシュルツですが、その間、ニコレとシュルツが師弟で顔をそろえた贅沢な年もありました。シュルツ急逝の前年、彼の最後の参加となった2012年の音楽祭は、ドビュッシーとモーツァルトがテーマということもあって、シュルツは大活躍。ここでは永年共演を重ねてきた世界的ハープ奏者・吉野直子と奏でたモーツァルトの協奏曲をお聴きください。

W.A.モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299(297c)より 第2楽章 アンダンティーノ 
W.シュルツ(Fl)、吉野直子(Hp)、K.イシイ(指揮)、草津フェスティヴァル・オーケストラ
録音:2012年8月26日(草津音楽の森国際コンサートホール)【音楽祭ライヴ録音】
 

次回の「くさつ音楽アーカイヴ」の更新は9月22日(火)を予定しています。

Archiveへ戻る
Eine Pause 2020へ戻る

【ビーバ博士のエッセイ集】ヴェルディ、ワーグナー、そしてウィーン

【事務局長のエッセイ集】アーティストたちとの絆~音楽祭の原点 1980年①

関連記事

  1. 【ビーバ博士のエッセイ集】モーツァルトと18世紀

    2020.07.30
  2. 【事務局長のエッセイ集】エリザベート・シュヴァルツコップと草津③

    2020.08.27
  3. 【くさつ エッセイ集】華やかさの陰に

    2020.08.31
  4. 【事務局長のエッセイ集】アーティストたちとの絆~音楽祭の原点 1980年①

    2020.09.18
  5. 【くさつ エッセイ集】シューベルトとウィーン―あるいは、旅びとのふるさと?―

    2020.08.24
  6. 【くさつ エッセイ集】ロマン派の途とブラームス

    2020.08.10


Twitter

Facebook

PAGE TOP