Loading

STAFF BLOG

音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/22(Sun)

ベートーヴェンの歌曲
「アデライーデ」から現代の歌へ

「ベートーヴェンから現代音楽へ」というテーマの今年の音楽祭。
コンサート5日目の前半は、音楽祭ではおなじみの天羽明惠さん(ソプラノ)、日野妙果さん(メゾソプラノ)、小貫岩夫(テノール)さん、江上菜々子さん(ピアノ)によるドイツ・リート選集。後半は現代音楽によるピアノ曲と歌曲を中心に、作曲家でもある中川俊郎さん(ピアノ)、工藤あかねさん(ピアノ)そして松平敬さん(バリトン)、といった草津の音楽祭にとっては典型的なオールスター出演となりました。
例年ですと音楽祭中盤の日曜は合唱曲の日なのですが、残念ながら今年は新型コロナの影響で合唱クラスの開催も中止。そのため、合唱とオーケストラのリハーサルで大変にぎやかに(大混乱に?!)なるはずのこの時期も、今年はなんともひっそりとした天狗山とコンサートホールでした。
しかし、ベートーヴェンから現代までの歌曲でまとめたこの日の公演は、まさに今年のテーマを2時間のコンサートに凝縮した歌曲の歴史に浸れるプログラムであり、特に20世紀前半のドイツ・リートの歴史を重要な作曲家をたどる盛りだくさんなコンサートになりました。当音楽祭の歌曲プログラムではあまり登場しない現代音楽は新鮮だったかと思います。数字を数えたり、奇声があがったり、猫が出てきたり・・・。


公式YouTubeチャネルに様子を公開しておりますので是非ともご視聴ください!

音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/20(Fri)

音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/23(Mon)

関連記事

  1. 音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/24(Tue)

    2021.10.15
  2. アカデミーが積み重ねてきたもの(アーティストとの出会い②)

    2021.08.05
  3. 草津初登場のアーティストとの出会い

    2021.07.29
  4. 音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/17(Tue)

    2021.10.15
  5. 音楽祭に向けて着々と準備進行中!

    2021.07.22
  6. ベッチャー先生が残してくれたもの(アーティストとの出会い③)

    2021.08.08


Twitter

Facebook

PAGE TOP