Loading
草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

STAFF BLOG

音楽祭に向けて着々と準備進行中!

昨日は都内某所に保管されている〈草津夏期国際音楽アカデミー友の会〉所有のバルッキエーリ氏が手作りした名器(大型フレミッシュ2段)がアーティストのご自宅に引越ししました。これから1か月本番に向けてさらに弾き込んでいただきます。

2018年にイタリアからはるばる日本へ運ばれてきたこのチェンバロ。3年の月日を経て、随分日本の気候に慣れ良い音を出すようになりました。とはいえ、高原気候の草津では湿度管理が大変です。ステージに乗せる前にしっかりメンテナンスをして本番に備えます。

この名器の音色が聴けるのは8月25日、26日そして29日の3公演のみ。古楽の名手桒形亜樹子さんが奏でてくださいます。

まずは台座を運び込みます。

無事お部屋に到着

 

関連記事

  1. 草津の遅い春

    2016.05.12
  2. 音楽祭スタッフによるコンサートピックアップ 8/23(Mon)

    2021.10.15
  3. 講師からのメッセージ

    2022.06.10
  4. ベッチャー先生が残してくれたもの(アーティストとの出会い③)

    2021.08.08
  5. スチューデント・コンサート in 前橋 開催のお知らせ

    2022.09.22
  6. 講師からのメッセージ【⑨】

    2023.06.08

Twitter 音楽祭情報

Twitter チケット情報

Facebook

PAGE TOP