Loading

STAFF BLOG

【くさつ音楽アーカイヴ】ニコレ、コロー&篠﨑史子 1993年

「くさつ音楽アーカイヴ」厳選名演の8曲目は、ドビュッシー晩年の室内楽の傑作「フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ」より第1楽章。オーレル・ニコレのフルート、セルジュ・コローのヴィオラ、篠﨑史子のハープでお届けいたします。
20世紀最高のフルート奏者と称賛され、数多くの世界的フルーティストを育てたニコレは、草津の音楽祭に5回参加していますが、彼が演奏会に出演した年には必ず、フランスのヴィオラの名手で室内楽の経験豊富なコローとの共演プログラムが用意されていました。この両巨匠に日本を代表するハープ奏者・篠﨑史子が加わったドビュッシーは、ニコレ自身の記憶にも深く刻まれた共演でした。演奏は1993年、この2年前に草津に完成したコンサートホールで行われています。

C.ドビュッシー:フルート、ヴィオラとハープのためのソナタより 第1楽章 レント、ドルチェ・ルバート
A.ニコレ(Fl)、S.コロー(Va)、篠﨑史子(Hp)
録音:1993年8月27日(草津音楽の森国際コンサートホール)【音楽祭ライヴ録音】

次回の「くさつ音楽アーカイヴ」の更新は8月21日(金)を予定しています。

Archiveへ戻る
Eine Pause 2020へ戻る

【くさつ エッセイ集】ベートーヴェンの時代

【ビーバ博士のエッセイ集】モーツァルトの時代の「家庭演奏会」と「禁欲演奏会」

関連記事

  1. 【くさつ エッセイ集】ベートーヴェンの時代

    2020.08.17
  2. 【くさつ音楽アーカイヴ】コンサートプログラム全データ一覧公開のお知らせ

    2020.08.03
  3. 【くさつ音楽アーカイヴ】ヴィンシャーマン指揮 バッハ「深き淵より」1980年

    2020.08.04
  4. 【ビーバ博士のエッセイ集】ヴェルディ、ワーグナー、そしてウィーン

    2020.09.16
  5. 「Eine Pause 2020」特設サイトオープン!

    2020.07.22
  6. 【ビーバ博士のエッセイ集】バッハからベートーヴェンへ

    2020.07.22


Twitter

Facebook

PAGE TOP