Loading
草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル

STAFF BLOG

【くさつ音楽アーカイヴ】E.ピヒト=アクセンフェルト 1981年

「くさつ音楽アーカイヴ」厳選名演の3曲目は、バッハが鍵盤楽器のために書いた独創的な名曲「半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903」より「幻想曲」を、エディット・ピヒト=アクセンフェルトのチェンバロでお届けいたします。
ドイツの鍵盤楽器奏者ピヒト=アクセンフェルトは、1981年第2回の音楽祭に初登場。以降、1996年第17回までの15年間にわたり、毎年のように草津を訪れました。数多くの音楽家を育て、聴衆の心深く音楽を届け、この時期の音楽祭を支えた大きな存在でした。
とりわけ名演の多かったピヒトさんのバッハ。深く豊かな音楽が瑞々しくよみがえります。

J.S.バッハ:「幻想曲」~半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903
E. ピヒト=アクセンフェルト(Cemb)
録音:1981年8月31日、9月1、2日(群馬音楽センター/渋川市民会館)
※音楽祭期間後の録音です。

次回の「くさつ音楽アーカイヴ」の更新は8月4日(火)を予定しています。

関連記事

  1. 【ビーバ博士のエッセイ集】ヴェルディ、ワーグナー、そしてウィーン

    2020.09.16
  2. 【くさつ エッセイ集】ロマン主義再考

    2020.07.22
  3. 【Message】クリストファー・ヒンターフーバー先生からのメッセージ

    2020.07.29
  4. 【くさつ音楽アーカイヴ】カニーノ、ヒンク、ラニエリ&ヴァルガ 2007年

    2020.09.08
  5. 【事務局長のエッセイ集】エリザベート・シュヴァルツコップと草津①

    2020.08.25
  6. 【ビーバ博士のエッセイ集】モーツァルトと18世紀

    2020.07.30

Twitter 音楽祭情報

Twitter チケット情報

Facebook

PAGE TOP