Loading

STAFF BLOG

【くさつ音楽アーカイヴ】くさつ音楽だより~豊田耕児&フェスティヴァル交響楽団 1981年

「くさつ音楽アーカイヴ」厳選名演の1曲目はこちら!モーツァルトが9歳の時に作曲されたと言われている「交響曲 ヘ長調 K.19a」より第1楽章。この曲は、当音楽祭の第1回目が開催された1980年にミュンヘンで発見され、翌年の草津で日本初演されました。

当時の演奏者は、指揮者の豊田耕児とアカデミーの参加受講生を中心に、何人かの講師やアーティストが加わったオーケストラ。アレグロの軽快さが、スタートしたばかりの音楽祭の勢いと受講生の若さを感じさせる、事務局長いち押しの名演です!良き草津の自然、風景、これまでの音楽祭の様子とともにお楽しみください。 

次回の「くさつ音楽アーカイヴ」の更新は7月24日(金)を予定しています。

「Eine Pause 2020」特設サイトオープン!

【くさつ エッセイ集】ロマン主義再考

関連記事

  1. 【ビーバ博士のエッセイ集】ヴェルディ、ワーグナー、そしてウィーン

    2020.09.16
  2. 【ビーバ博士のエッセイ集】ウィーンのリヒャルト・シュトラウス

    2020.09.23
  3. 【くさつ エッセイ集】古典と現代―伝統の継承と超克

    2020.09.14
  4. 【Message】ブルーノ・カニーノ先生からのメッセージ

    2020.08.06
  5. 【ビーバ博士のエッセイ集】ヨーゼフ・ハイドンの再発見―新しいハイドン像―

    2020.07.23
  6. 【事務局長のエッセイ集】アーティストたちとの絆~音楽祭の原点 1980年①

    2020.09.18


Twitter

Facebook

PAGE TOP