Loading

8月26日(土)

モーツァルトの予約演奏会の再現

尹 伊桑 生誕100年に捧ぐイマージュ

 

曲目

尹 伊桑:ピリ(1971)

尹 伊桑:インタールディウムA(1982) 

W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲 第12番 イ長調 K.414(385p)(ピアノ六重奏版)

W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲 第13番 ハ長調 K.415(387b)(ピアノ六重奏版)

尹 伊桑:イマージュ~フルート、オーボエ、ヴァイオリンとチェロのための(1968)

 

出演者

岡田博美(Pf)/A.シピリ(Pf)/T.インデアミューレ(Ob)/K-H.シュッツ(Fl)/高橋アキ(Pf)/T.ヴァルガ(Vc)/S.ガヴリロフ(Vn) /パノハ弦楽四重奏団/クァルテット・エクセルシオ/須崎昌枝(Cb)

 

キキドコロ

コンサートの内容は二本立て。まず20世紀最大の作曲家のひとり尹伊桑(ユン・イサン、1917~1995)の生誕100年に因んで、彼の作品が3曲、取り上げられる予定です。3回目の死刑求刑と相前後して書かれた力作、フルート、オーボエ、ヴァイオリンとチェロのための「イマージュ」(1968)そのほかを通じて、尹の偉大な業績を偲びます。
それらに挟まれる形で演奏されるのは、モーツァルトの美しいピアノ協奏曲2曲。クラヴィーア(ピアノ)の名手としてウィーンに乗り込んだモーツァルトの、いわゆる予約演奏会が好評を博した時期の作で、とりわけハ長調K.415のブルク劇場におけるコンサートは大喝采を浴びた模様です。なお今回は、2曲とも弦楽五重奏伴奏の室内楽版で演奏されますが、そもそもイ長調K.414の方は、管楽器抜きのケースを考慮した上で書かれた作品でした。(大木正純)

 

入場料:全席指定席 大人¥4,700/小学生¥2,100

 

チケット販売について

Twitter

Facebook

PAGE TOP