Loading

ジェンマ・ベルタニョッリ

GEMMA BERTAGNOLLI

ソプラノ Soprano

Gemma Bertagnolli

Gemma Bertagnolli

イタリア・ボルツァーノ生まれ。AsLiCoコンクール、フランシスコ・ヴィニャス国際コンクールで優勝。これまでに、ミラノ・スカラ座、ベネチア・フェニーチェ劇場、パリ・シャンゼリゼ劇場等、主要オペラハウスでのオペラ演目、ザルツブルク音楽祭、ウェックスフォード・オペラ・フェスティバル等の音楽祭に多数出演。代表的な楽曲レパートリーは幅広く、バッハ、ヘンデル、ペルゴレージ、ヴェルディ、モーツァルト、ベートーヴェン交響曲第9番、マーラー交響曲第2番および4番等がある。とりわけバロック音楽の演奏に長けており、オペラのレパートリーは、「夢遊病の女」リーザ、「フィガロの結婚」スザンナ、「魔笛」パミーナ、「ファルスタッフ」ナンネッタ等を網羅する。W.サヴァリッシュ、C.アバド、 F.ルイージ、L.マゼール、Z.メータ、R.ムーティ等、著名な指揮者との共演も多い。2006年よりイタリア各地の音楽学校にてバロック声楽の指導にあたり、11年よりブレーメン芸術大学にて前古典派音楽のマスタークラスを受け持つ。ザルツブルクのモーツァルテウムにて、11年、12年には古楽のサマーコースを受け持ち、17年にはG.F.ヘンデルのオペラ「アルチーナ」指導を行った。16年はボローニャ音楽院ジョバンニ・バッティスタ・マルティーニとジョアキーノ・ロッシーニ国立音楽院にて教鞭をとり、現在は、ブレーメン芸術大学とヴィチェンツァ国立音楽院にて教鞭をとる。また、イタリア国内の数多くの音楽院においても、短期のマスタークラスを受け持っている。草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルには13年より参加している。16年10月には、日伊修好150周年記念オペラ「Japan Orfeo」(鎌倉鶴岡八幡宮特設会場/東京芸術劇場)へ出演。17年よりベネツィアのジョルジョ・チニ財団「アカデミア・ヴィヴァルディ」においてマスタークラスを開講。

 

2017.8.23 Gemma Betagnolli Soprano recital

2014.8.25 Gemma Bertagnolli Soprano Recital

Twitter

Facebook

PAGE TOP