Loading

ヴォルフガング・ベッチャー

WOLFGANG BOETTCHER

チェロ Violoncello

Wolfgang Boettcher
ヴォルガング・ベッチャー WOLFGANG BOETTCHER

ミュンヘン国際音楽コンクールでの受賞を期に、演奏者としての活動を開始。カーネギー・ホール、チャイコフスキー・ホール、東京文化会館、ベルリン・フィルハーモニーなどで主要オーケストラと共演し、H. v. カラヤンをはじめ、S. チェリビダッケ、小澤征爾、D. バレンボイムなど数多くの指揮者とも共演してきた。Y. メニューイン、W. ルトスワフスキ、D. フィッシャー=ディースカウから、芸術性に深い影響を受けている。W. ルトスワフスキ、H. デュティーユ、A. ライマン、G. クレーベ等の作品を初演。1958年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団。63年より首席チェロ奏者を務め、76年にソリストおよび室内楽奏者としての演奏に専念するためその地位を退いた。ベルリン芸術大学教授として、長年多くの優秀なチェロ奏者を世に送り出して来た。現在、同大学名誉教授。

20180820 J.Brahms:Violoncello Sonata No.2 in F Major, Op.99 / Wolfgang Boettcher and Hiromi Okada


Twitter

Facebook

PAGE TOP