Loading

鈴木 大介

DAISUKE SUZUKI

ギター Guitar

鈴木 大介©Yoshinobu Fukaya

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトを含む膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術によって常に注目を集める。マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝。近年はジャズやタンゴのアーティストたちとのデュオでの演奏活動や、自作品によるライヴ演奏も行い、また多くの名曲のアレンジは、様々なギタリストに演奏されている。美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。また、30作以上ものCDを発表し、いずれも高い評価を得ている。最近作はギターとF.シューベルトに光をあてた『シューベルト を讃えて』。楽譜は現代ギターから『12のエチュード』『キネマ楽園 ギター名曲集』『Daisuke Suzuki The Best Collection for Guitar solo』を発売。2021年2月20日には、武満徹没後25周年を記念して、『武満徹 映画とテレビ・ドラマのための音楽 鈴木大介によるギター編曲作品集』が日本ショットより出版された。


Twitter

Facebook

PAGE TOP