Loading

ロベルト・バウアーシュタッター

ROBERT BAUERSTATTER

ヴィオラ Viola

ロベルト・バウアーシュタッター
ROBERT BAUERSTATTER

1971年オーストリア・リンツ生まれ。レオンディングの音楽学校にて教育を受けた後、リンツのブルックナー音楽院で学ぶ。89年よりウィーン国立音楽大学にて、S. フューリンガー、H. P. オクセンホファーよりヴィオラを学び2000年に優秀な成績で卒業。1998年から2001年までウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団、01年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団のメンバーとなった。3年後にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとなり、ヴィオラセクションの首席奏者に任命される。室内楽の演奏活動にも力を入れ、キュッヒル弦楽四重奏団やウィーン室内合奏団などのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のアンサンブル等のメンバーとして活躍している。テレビやラジオでのコンサート演奏を数多く行い、これまでに15枚のCDを録音している。ソリストとしてオーストリア各地のオーケストラや、ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団、プロヴディフ・フィルハーモニー管弦楽団、ヴァルナ・フィルハーモニー管弦楽団、メキシコ国立自治大学オーケストラと共演。K. シュターミッツ、F. A.ホフマイスター、P. ヒンデミット、B. マルティヌー、M. ブルッフ、H. ベルリオーズ、I. プレイエルの作品をこれまでに演奏し、I.プレイエルのヴィオラ協奏曲の録音は15年にCDがリリースされた。使用楽器は2002年製シュテファン・フォン・ベア。


Twitter

Facebook

PAGE TOP