Loading

クァルテット・エクセルシオ

QUARTET EXCELSIOR

クァルテット・エクセルシオ

西野 ゆか(第1ヴァイオリン)、北見 春菜(第2ヴァイオリン)、吉田 有紀子(ヴィオラ)、大友 肇(チェロ)

「繊細優美な金銀細工のよう」(独フランクフルター・アルゲマイネ紙)と2016年ドイツデビューで称賛された、年間70公演以上を行う日本では数少ない常設の弦楽四重奏団。 ベートーヴェンを軸にした『定期公演』、20世紀以降の現代作品に光をあてる『ラボ・エクセルシオ』、次世代の弦楽四重奏団との共演『
クァルテット・ウィークエンド』などのシリーズを展開しつつ全国的に活動。また、室内楽の聴衆の輪を広げる活動を積極的に行い、海外公演も回を重ねている。
1994年桐朋学園大学在学中に結成。96年第2回大阪国際室内楽コンクール弦楽四重奏部門第2位、第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール最高位、第19回新日鉄音楽賞「フレッシュアーティスト賞」、第16回ホテルオークラ音楽賞など受賞歴多数。  
2016年サントリーホール主催により2週間でベートーヴェンの弦楽四重奏全16曲チクルスを日本団体として初演奏。同年6月まで6年間『サントリーホール室内楽アカデミー』にてコーチング・ファカルティを務め、引き続き後進の指導にもあたっている。浦安音楽ホールレジデンシャル・アーティスト。

オフィシャル・ウェブサイト http://www.quartet-excelsior.jp/


フェイスブック https://www.facebook.com/QuartetExcelsior/


Twitter

Facebook

PAGE TOP