Loading

カール=ハインツ・シュッツ

KARL-HEINZ SCHÜTZ

フルート Flute

カール=ハインツ・シュッツ KARL-HEINZ SCHUTZ ©Taira Tairadate

オーストリア・インスブルック生まれ。フォアアールベルク州立音楽院でE. アムスラーに、リヨン国立高等音楽院でF. ベルノルドに、スイスではA. ニコレに師事し、カール・ニールセン国際フルート・コンクール(1998)、クラクフ国際フルート・コンクール(1999)で優勝。2000年から04年までシュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団で、05年から11年までウィーン交響楽団で首席フルート奏者を務め、現在はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場の首席フルート奏者。ソリストとしても、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団、NHK東京交響楽団等と、R. ムーティ、D. バレンボイム、F. ルイジ、T. コープマン、Y. クライツベルク等の指揮で共演。室内楽では、バロックから現代に至る様々なアンサンブルのメンバーとして活躍し、13年にW. シュルツの後を継ぎ加入した、アンサンブル・ウィーン=ベルリンとウィーン・リング・アンサンブルなどでも活躍。フォアアールベルク州立音楽院等で教鞭を執り、現在はウィーン私立音楽芸術大学フルート科教授。世界各国でマスタークラスを開講し、カール・ニールセン国際フルート・コンクール、クラクフ国際フルート・コンクール、チャイコフスキー国際コンクールで、審査員および審査委員長を定期的に務める。故郷ランデックでは、音楽週間HORIZONTEの芸術監督を務めている。録音は、バッハ、モーツァルト、シューベルト、プロコフィエフ、ブラームス、現代曲等のCDをカメラータ・トウキョウより多くリリースしているほか、サー・N. マリナー指揮でイギリスのアカデミー室内管弦楽団の CD「20世紀のコンチェルト・グロッソ」をシャンドスからリリースしている。


Twitter

Facebook

PAGE TOP