Loading

ZOFO

ZOFO

ZOFO ©Carlin Ma

ソロ・ピアニストとして国際的に活躍していたピアニスト、エヴァ=マリア・ツィンマーマン(EVA-MARIA ZIMMERMANN) と中越啓介が2009年にプロのピアノデュオ「ZOFO」としてデビュー。「ZOFO」とは”ZO=20 and FO=finger orchestra”つまり、20本の指が奏でるオーケストラの響きを意味する。カーネギーホールから大阪へ至るグローバルな活動の場で多くの観客を魅了し続けている1台4手のデュオで、20~21世紀の作品をレパートリーとする彼らの活動は、グラミー賞2部門ノミネートなど注目を集める。結成以降、ブラッドショー&ブオノ国際ピアノコンクールにて優勝(2010)、グラミー賞室内楽および小アンサンブルの2部門ノミネート(2013)、グラミー賞を受賞したレコード会社ソノ・ルミナスとの契約を結び、スタインウェイアーティストとして活躍している。中越啓介は18歳で渡米しサンフランシスコ音楽院にて学士、修士課程修了。現在同音楽院のレジデンスピアニスト。スイス出身のエヴァ=マリア・ツィンマーマンはジュネーヴ音楽院を最優秀の成績で卒業。現在はサンフランシスコ大学等で教鞭をとる。

http://www.zofoduet.com/

 

出演コンサート

8月28日(水) フランスとドイツの室内楽/サン=サーンス:動物の謝肉祭

8月30日(木) クロージング・コンサート/ヴィヴァルディとチャイコフスキーの四季

 

Twitter

Facebook

PAGE TOP