Loading

STAFF BLOG

2018 講師インタヴュー vol.1

昨年ご好評いただいた講師の先生方へのインタヴュー・シリーズを今年も始めました。第1弾は、本年草津アカデミーでフルートクラスを初開講される、ディーター・フルーリー先生より、マスタークラス開講にあたってのインタビューにご回答頂きました。

[ディーター・フルーリー先生]

Academy: 音楽家として、必要なスキルは何だと思いますか。

Prof. Flury: もし、プロフェッショナルな音楽家を目指すのであれば、「音楽を好き」なだけではなく、もっと深い方法で音楽への探求心、興味があるべきだと思います。音楽を、自身の考えや感情を表現する言語(話す言葉として表現しきれない言語)として熱心に学びたいと思うことです。作曲家の真意に沿うことに喜びを持つことです。自身で作曲をするのであれば、自ら必要となり習得しなければいけない技術はたくさんあると思います。楽器(または声楽)の技術を、新たな言語を習得するように、発展させていくことです。言語を習得したなら、今度はその言葉で何について語りたいかを見つけなくてはなりません。

Academy: 草津アカデミーのマスタークラスは2週間におよびますが、必ずしも短くは無いこの期間で、受講生は何を学べると思いますか。

Prof. Flury: 生徒に限らず、本物の音楽家は、常に進みたいと思っているはずで「もうゴールに達した」と、思う芸術家は居ないと思います。教師と生徒の違いは、教師はその先へ行こうと、何年も努力をしている点でしょうか。教師は生徒の姿を見ることにより、自身が通ってきた問題を自覚することもあります。また、自分では経験したことの無かった問題に直面することもあると思います。その様な場合は、教師として生徒にインスピレーションを与えられれば良いと思っています。

Academy: クラシック音楽に携わる音楽家として、また、長くウィーンフィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして、音楽を勉強し、音楽家として活動をすることの意義を教えて頂けますか。

Prof. Flury: 名誉という言葉に尽きると思います。クラシック音楽に日常的に触れ、生計を立て、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして40年間活動出来たことをとても光栄に思います。

Academy: 草津アカデミーに参加されるにあたり、楽しみにしている出会いや経験はありますか。

Prof. Flury: 草津アカデミーに関しては今までにも色々な話を聞いています。優れた音楽家と一緒に演奏出来る機会と、有望な若い音楽家に出会うことは、自分の音楽において何が大切かを示し、説明できる機会になると思っています。

 

 

What difference can you make in two weeks? Our new flute professor this year, Dr. Dieter Flury answers the question.

[Interview with Prof. Flury]

Academy: We would like to ask what kind of skills are necessary to succeed as a musician. If you have any story that you could share with us throughout your carrier as a performer and a teacher, we love to to hear about that.

Prof. Flury: If you want to become a professional performer of music you firstly have to be interested in music in a deeper way than just to like it. You have to be eager to learn music as a language to express thoughts and feelings you cannot express by means of spoken language. You have to be willing to follow the composers on their way to their truth. Of course you need quite many technical skills depending on how you want to express the music you will have found inside yourself while studying compositions. Developing your instrumental (or vocal) skills is like learning a new language. Once you master the new language you still have to find what to say in this language.

Academy: Kusatsu Academy runs Masterclass for two weeks within the belief of this relatively long period is very important not just taking a lesson or two in a short term. We would like to ask what can be achieved in two weeks if you were a student.

Prof. Flury: Not only students but every true musician wants to proceed, no artist will lean back saying I reached my goal. The difference between the teacher and the student lies in the experience of the teacher who already for decades has been struggling to get beyond. The teacher will listen to the student and sometimes recognize problems he encountered himself on his way. Sometimes he will feel confronted with problems he has not known before. Hopefully the way the teacher deals with such a situation will inspire the student.

Academy: What means (or meant in the past) to you to study Classical music, becoming a professional musician and a member of Vienna philharmonic. (I bet you have asked these kind of questions throughout your career but as a message for potential student who is seeking their musical career, it would be very helpful.)

Prof. Flury: Privilege is the word, privilege to deal daily with classical music and even making one’s living from it and privilege to have been a member of Vienna Philharmonic for forty years.

Academy: Is there anything that you are looking forward to encounter and experience at Kusatsu Academy and Festival?
Prof. Flury: I heard already quite a lot about the Kusatsu Academy and Festival. The combination of performing together with great musicians and teaching promising young musicians provides me with the opportunity of showing and explaining what matters most to me in music.
Best wishes, Dieter

 

現代曲ピアノ演奏法クラス開講のお知らせ

2018 講師インタビュー Vol.2

関連記事

  1. 現代曲ピアノ演奏法クラス開講のお知らせ

    2018.06.15
  2. 大宮駅デジタルサイネージが始まりました。

    2018.08.08
  3. 2018 講師インタビュー Vol.3

    2018.08.10
  4. アカデミー受講要項が完成しました!

    2018.04.13
  5. シャトルバスがパワーアップしました!

    2018.08.02
  6. 遠山基金奨学制度の審査結果を発送いたしました。

    2018.06.07

Twitter

Facebook

PAGE TOP