Loading

STAFF BLOG

講師インタビュー vol.3 

講師インタビューvol.3は、現バイエルン国立歌劇場コンサートマスターのマルクス・ヴォルフ先生の回答を紹介致します。

モーツァルトの楽曲はその作品数もさながら、世界各地で今も多数く上演され、講師陣も様々な機会で演奏しています。何度も再演され、聴衆のみならず演奏者も毎回違う印象を受けたりと様々な発見があるようです。いつの時代にも人々を惹きつけるモーツァルト作品を聴きに、ぜひ今年の夏は草津へお越しください。

We will be introducing the answers of our questioners for this year from Prof. Markus Wolf, who is a Concertmaster at Bavarian State Opera (Bayerische Staatsoper).

Mozart composed so many pieces which still have been performing all over the world. Our professors for Kusatsu Academy also performed his pieces numerous times in their carrier, but yet his composition still attracts not just audiences but performers. In addition, new discoveries and perspective for his pieces have been made everytime. Kusatsu Music Festival will be programing very unique setting of Mozart pieces based on his original intentions or in some specific period and background. Come to Kusatsu and discover the new side of his composition this year!

 

【マルクス・ヴォルフ先生】

Academy: 講師の立場から見て、草津音楽祭のマスタークラスに参加する利点は何だと思いますか。

Prof. Wolf: 草津のマスタークラスは素晴らしい自然溢れる場所でのレッスンとコンサートとのユニークな組合せで、受講生が自身を高め、楽しめる場所です。

ヨーロッパから訪れている優れた講師陣はヨーロッパの長い音楽の伝統を提供し、新たな刺激や感銘を受けるでしょう。

 

Academy: 演奏者、また講師として草津音楽祭に参加される魅力を教えてください

Prof. Wolf: まずはじめに、私は日本が大好きです。特に草津の息を呑む自然の景色が。(私が例年休暇を過ごすチロル州のノイシュティフトと草津は姉妹都市です!)受講生は積極的によく学び、自らのモチベーションも高まります。それに加え、他の講師陣とのコンサートはいつも自分にとって特別なものです。なぜなら音楽や演奏の意見を交換することは教わるだけでなく無く、自らの意見への確認でもあります。

 

Academy: 今年のテーマ、モーツァルトの楽曲で、思い入れのある作品は何かありますか。

(part1)

Prof. Wolf: 自身の根本的な経験となるモーツァルトの楽曲に初めて触れたのは、15歳の時にレクイエムを父の指揮で初めて演奏した時です。私の父はウィーンで高く認識されていた音楽家で、教会の素晴らしい合唱団のリーダーでもあったので、モーツァルトのレクイエムは父の指揮で50回は演奏しています。その頃、W.フルトヴェングラー指揮のモーツァルトのト短調の交響曲のレコードを手にしました。高校では伝説の人物の録音でした。そのレコードを聴かない日はないほどよく聴いたものでした。聴衆の好みや演奏者のスタイルは時と共に変わりましたが、現在に於いても、この録音のエネルギーと音楽全体の捉え方に優る録音はないと思っています。10代のヴァイオリニストにとって、モーツァルトがこの衝撃的な感情表現を、ピアノとヴァイオリンのニ短調ソナタに選んだ事がとても誇らしく幸せでした。この宝石は長年の月日も自身を惹きつけ、それどころか年を重ねる毎に敬服しています。この作品は最小の道具(楽器)を使い、最大限の表現を可能にしているのです。19歳の時、ウィーン室内管弦楽団のメンバーになりました。それまでにはモーツァルトのほとんどの室内楽曲、ヴァイオリン協奏曲、幾つかの交響曲と教会音楽を演奏していました。モーツァルト自身が演奏し作曲したピアノ協奏曲は、今になってその良さが解るようになりました。ニ短調のピアノ協奏曲を初めてオーケストラと一緒に演奏した時のことは今でも忘れられないです。

 

(part2)

Prof. Wolf: 24歳の時、恩師であるG.ピヒラーが所属する、アルバンベルク弦楽四重奏団と一緒に、弦楽五重奏ハ長調とト短調の演奏と録音する際に、ヴァイオリンで参加をするという、とても光栄な招待を受ける機会に恵まれました。(13歳からヴィオラを演奏し、H.ベイヤールからレッスンを受けており、ヴィオラ演奏の方が長けている時もありました。)この素晴らしい作品を、世界に誇る卓越したアンサンブルで丹念に学んだことは、自身を敬服と感動で包みました。またその後の音楽的発展に大きく影響する、今まで最もインテンシヴな指導を受ける経験をしました。学生の頃はあまりオペラ鑑賞をしなかったのですが、その悪い癖は26歳の時にバイエルン州立オペラで第1コンサートマスターに就任した際に一瞬にして変わりしました。即座にモーツァルトの数々のオペラを学ぶ必要がありました。なんと新しい世界なのでしょう!今では、モーツァルトの全ての作品は何かしらの延長線上でオペラ作品である事に気がつきました。思い出に残っているのは、初めて『フィガロの結婚』と『ドン・ジョヴァンニ』をW. サヴァリッシュと共演した時ですが、彼はレティタティーヴォをチェンバロで演奏しながら指揮をしていましたから!2008年12月14日に私の父が他界した時、翌日にモーツァルトの協奏交響曲の、アカデミーコンサートシリーズ(ミュンヘン)での演奏を控えていました。自分の置かれた状況が厳しく、演奏は難しかったのですが、この演奏会の指揮者、Z. メータが私を支え、2楽章(ハ短調)を互いに私の父へと捧げました。

 

 

Academy: What is your opinion about the benefit of attending the masterclass in Kusatsu as a student?

Prof. Wolf: Masterclasses in Kusatsu are a unique combination of lessons and concerts in a wonderful countryside, in which the participating students can improve and enjoy.The exceptional European Professors offer the long European musical tradition.New impulses and impressions will be delivered.

 

Academy: What attracts you to join the festival as a teacher and an artist?

Prof. Wolf: First of all I love Japan, particularly the breathtaking countryside of Kusatsu (twin town of Neustift in Tirol, where I spend my holidays every year!).Because the students are eager and hardworking I am highly motivated to work with them.Further, the concerts with my colleagues are always very special for me, because the exchange of musical ideas can be not only instructive but also often confirmation of own opinions.

 

Academy: Is there any Mozart piece(s) which has a special meaning or memory for you?

(part1)

Prof. Wolf: I had my first fundamental experience with music of W.A.Mozart at the age of 15, when I played his Requiem for the first time, conducted by my father. My father was a highly acknowledged musician in Vienna, and a leader of an excellent church choir. I played the piece at least fifty times with him conducting.At the same time I received the record of Mozart’s great g-minor Sinfonie conducted by Wilhelm Furtwängler. At my high school it was a recording with legendary character. It past almost no day that we did not listen to this great music! Even though times have changed in regards of style and taste, I think this interpretation is to this day unsurpassed regarding the energetic and musical shape.As a violin-playing teenager I was happy and proud, that Mozart chose for the thrilling emotion in his e-minor Sonata the Pianoforte and the Violin. This jewel has in all the years not lost any of its fascination to me, on the contrary, I am admiring this masterpiece with growing age more and more, as it achieves with the most simple tools a maximum of expressions.At the age of 19 I became a member of the Vienna Chamber Orchestra. Up to this point I knew foremost Mozart’s chamber music, his violin concertos, some of his symphonies and his church music. The piano concertos, which Mozart played himself and basically composed for himself, I only got to know and to appreciate now. Unforgettable remains my first experience of accompanying the d-minor piano concerto.

(part2)

Prof. Wolf: At the age of 24 I received the honorable invitation of the Alban-Berg-Quartet (the Primarius Günter Pichler was my teacher) to perform and record the string quintets in C-major and g-minor as a violist. (I played the viola since I was thirteen and received lessons with Hatto Beyerle. At times I was a better violist than a violinist..) The intensive studies of these gorgeous works with one of the world best ensembles filled me with deep respect and impression. I experienced the most intensive coaching with lasting effects on my future musical development.As a student I did not used to go to the opera. This “bad” habit changed immediately, when I, at the age of 26, won the position of First Concertmaster at the Bavarian State Opera. Instantly I had to learn the operas by Mozart. What a new world! Now I realized, that to a certain extent, all works by Mozart are operas. Some of my memorable experiences were my first performances of “Figaro” and “Don Giovanni” conducted by Wolfgang Sawallisch, who played also the recitative on the harpsichord..!When my father died on Dec.14th 2008 I was supposed to perform Mozart’s Sinfonia Concertante the following day in Munich at the Academic Concert series. Considering the circumstances this was a rather difficult task for me. Zubin Mehta, the conductor of the performance, granted loving support to me – we both dedicated the performance of the second movement (c-minor) to my father.

 

受講生の活躍レポート・中西圭祐さん

2017 コンサートの聴きどころ・前編

関連記事

  1. 講師インタビュー vol.4

    2017.08.16
  2. 講師インタヴュー vol.1

    2017.06.21
  3. ベルリンからの便り

    2017.07.05
  4. 受講申込の受付を開始します!

    2017.05.31
  5. 2016年遠山基金奨学生 北村 陽さんの活躍

    2017.03.31
  6. いよいよチケット発売!

    2017.05.29

Twitter

Facebook

PAGE TOP