Loading

タマーシュ・ヴァルガ

TAMÁS VARGA

チェロ Violoncello

Tamás Varga ©Olga Kretsch
Tamás Varga ©Olga Kretsch

1969年、ブタペスト生まれ。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席チェリストを20年以上務めており、ソリストとしてもウィーン・フィルと定期的に協演。2005年、06年にC.エッシェンバッハ指揮でシューマンのチェロ協奏曲を、09年にZ.メータ指揮でR.シュトラウスのドン・キホーテを、17年にはA.ネルソンス指揮でドボルジャークのチェロ協奏曲を演奏し好評を博す。また、2018/2019年のシーズンには、A.ネルソンス指揮でコンサートマスターのA.ダナイローヴァと著名なピアニストR.ブッフビンダーと協演し、ベートーヴェンの三重奏協奏曲を演奏。世界中でソロ活動を行い、A.フィッシャー、小澤征爾、G.シノーポリ、P.スタインバーグ、M.T.トーマス等、著名な指揮者と共演。後進の指導にも熱心で、近年はオーストラリア、中国、ベトナム、日本、アメリカ(ニューヨーク、バークレー、マイアミ、シカゴ)等、世界各国でマスタークラスを開講。また、先端技術を使用しインターネットを介しての指導や、シドニーで開催されたYouTubeシンフォニーオーケストラのチェロ部門の指導も務め、18年にはG.ドゥダメルに招待され、チリおよびベネズエラの国立ユース・オーケストラの演奏会へも参加。室内楽にも力を注いでおり、ウィーン芸術週間、ブタペスト・スプリング・フェスティバル、ラインガウ音楽祭等の音楽祭に定期的に出演。18年ザルツブルク音楽祭では、ウィーン・フィルのメンバーとともにモーツァルテルムで公演を行い、これまでに、F.ボーグナー、R.ブッフビンダー、F.シャスラン、C.ヒンターフーバー、K.ライスター、B.マクファーリン、D.オッテンザマー、K-H.シュッツ、T.ヴァーシャーリ、バルトーク弦楽四重奏団、フランツ・リスト室内楽管弦楽団と共演。CD録音は、過去20年間でカメラータ・トウキョウ、ナクソス、フンガロトン、キングレコード、カヴァッリレコードより30枚以上発売されている。また、バッハの無伴奏チェロ組曲全曲を04年にモダン・チェロで、18年にバロック・チェロで演奏し録音。ヴァルガの依頼により、A.J.カーニス、西村朗、G.ヴァイダ、L.ヴィドツキー、Z.ヴィソツキが無伴奏チェロのための現代作品を作曲し、18年10月、11月に世界初演となる。


Twitter

Facebook

PAGE TOP