Loading

STAFF BLOG

2018 講師インタビュー Vol.3

講師インタビュー3回目は、ベルリン芸術大学名誉教授でチェロ奏者のヴォルフガング・ベッチャー先生のインタビューを紹介します。今年は20日にサシコ・ガヴリロフ先生とのデュオ・リサイタルが行われ、コダーイのヴァイオリンとチェロのための二重奏曲とブラームスのチェロソナタを演奏されます。また、26日にはドヴォルジャークの森の静けさ、27日にはシュトラウスのワルツ「ウィーンの森の物語」、28日にはサン=サーンスの動物の謝肉祭を演奏されます。世界的に活躍する先生方の演奏を聴きに、是非草津へお越しください!
We would like to introduce the answers from Prof. Boettcher for our interview series. Kusatsu International Summer Music Academy and Festival starts from Aug.17th! He will perform Kodaly’ Duo for Violin and Violoncello, Op. 7 and Brahms’ Violoncello Sonata No2 in F Major,Op.99 on Aug 22nd, Dvorak’ Klid (Silent Woods), Op. 68-5, B. 182 on the 26th, StraussⅡ(arr.by M.Rot)’ Waltz”Geschichten aus dem Wienerwald”,Op.325 on 27th, and Saint-Saens’ Le Carnaval des Animaux(The Carnival of the Animals)-Fantaisie zoologique on the 28th. We are waiting for your visit!

【ヴォルフガング・ベッチャー先生】
Academy: 講師の立場から見て、草津音楽祭のマスタークラスに参加する利点は何だと思いますか。
Prof. Boettcher: 草津にはたくさんのクラスがありますが、どのクラスも素敵な雰囲気です。

Academy: 演奏者、また講師として草津音楽祭に参加される魅力を教えてください。
Prof. Boettcher:多くの才能ある若手受講生へのレッスンや、素晴らしい演奏家と共演できることが草津音楽祭に参加する魅力です。

Academy: What is your opinion about the benefit of attending the masterclass in Kusatsu as a student?
Prof. Boettcher: The wonderful atmosphere in so many classes.

Academy: What attracts you to join for the festival as a teacher and an artist?
Prof. Boettcher: I appreciate to come to Kusatsu because of so many gifted students (Yo Kitamura!) and so outstanding partners, to play with.
Best regards,
Wolfgang Boettcher

大宮駅デジタルサイネージが始まりました。

関連記事

  1. チケット発売まであと少し!

    2018.05.26
  2. 2018 講師インタヴュー vol.1

    2018.06.26
  3. 第39回の音楽祭情報を公開しました。

    2018.03.01
  4. 草津の自然と音楽 その1

    2018.07.31
  5. 2018 講師インタビュー Vol.2

    2018.07.26
  6. アカデミー受講要項が完成しました!

    2018.04.13

Twitter

Facebook

PAGE TOP