Loading

STAFF BLOG

講師インタビュー vol.4

講師インタビュー第4回目は、オープニングコンサートでソリストとしてJ.ブラームス:ピアノ協奏曲第2番を演奏する岡田博美先生と、本年初のマスタークラスを開講されるクラリネットの四戸世紀先生の回答をご紹介します。

We would like to introduce the answers from Prof. Hiromi Okada and Prof. Seiki Shinohe for our interview series. Kusatsu Sumer International Music Festival and Academy starts from tomorrow! Prof. Okada will be performing J. Brahms Piano Concert No. 2 at the Opening Concert.

【Prof. Hiromi Okada】

Academy: 講師の立場から見て、草津音楽祭のマスタークラスに参加する利点は何だと思いますか。

Prof. Okada: レッスンを受けながら、その講師の生の演奏に接することが出来、毎日行われ るコンサートで日本にいながらヨーロッパの雰囲気を味わえること。
Academy: 演奏者、また講師として草津音楽祭に参加される魅力を教えてください。

Prof. Okada: 温泉に入ると疲れがとれて、お肌がスベスベになります。いろいろな人と一緒に弾いたり、また、知らない珍しい曲にも出会えるところが魅力的です。

 

Academy: 今年のテーマ、モーツァルトの楽曲で、思い入れのある作品は何かありますか。

Prof. Okada: モーツァルトのPf.Quartet KV.493・・・・・・この曲は、室内楽を本格的にやり始めた頃によく弾きました。今回久し振りなので、懐かしい感じがします。

 

Academy: What is your opinion about the benefit of attending the masterclass in Kusatsu as a student?

Prof. Okada: While you are attending Masterclass, you also can listen their performance which gives us the feeling of attending a concert in Europe even if you are in Kusatsu.

 

Academy:  What attracts you to join the festival as a teacher and an artist?

Prof. Okada: Hot spring in Kusatsu helps me recover and gives very smooth skin. Performing with various artists and discovering the rare pieces are also the attractions of attending Kusatsu Academy.

 

Academy: Is there any Mozart piece(s) which has a special meaning or memory for you? 

Prof. Okada: Mozart’ Piano Quartet KV.493, I played this piece numerous times when I started performing more chamber music. I haven’t performed this piece for a while, so, I feel nostalgic.

 

 

【Prof. Seiki Shinohe】

Academy: 講師の立場から見て、草津音楽祭のマスタークラスに参加する利点は何だと思いますか。

Prof. Shinohe: 草津アカデミーでは、午前中のマスタークラスで、個人レッスンと他の受講生のレッスンを聴講することにより、テクニックと音楽表現における、克服すべき課題を明確に意識するようになるでしょう。そして午後のコンサートでは、世界の名演奏家達のそのテクニックと感動的な音楽に実際に触れることができます。マスタークラスと素晴らしいコンサートを聴くことは車の両輪で草津アカデミー&フエステイヴァルの受講生を大きく前進させることでしょう。

 

Academy: 演奏者、また講師として草津音楽祭に参加される魅力を教えてください。

Prof. Shinohe:草津では毎年世界的な名演奏家と共演させて頂き、音楽の喜びを分かち合い、そして勉強させられています。忘れられないコンサートは、多くありますが、遠山慶子さん、セルジュ コローさんとのシューマンのクラリネット三重奏曲、おとぎ話を演奏したとき、本当の意味での演奏上のsoupleをお二人から学びました。草津は本物に出会える場所です。

 

Academy: 今年のテーマ、モーツァルトの楽曲で、思い入れのある作品は何かありますか。

Prof. Shinohe: モーツアルトの曲はすべて好きです。特に短調の曲には感動します。

 

Academy: What is your opinion about the benefit of attending the masterclass in Kusatsu as a student?

Prof. Shinohe: You will attend masterclass in the morning and listen great performances afternoon at Kusatau Academy and Festival. At the Masterclass, you will know your weakness and problems of your techniques and expression while taking individual lessons and listening your class mate’ lesson. The students surely will be amazed by the outstanding performance and techniques of the professors and artists at the concert. With masterclass and concert together, this festival will help students to grow significantly in the two weeks.

 

Academy:  What attracts you to join the festival as a teacher and an artist?

Prof. Shinohe: I am honored to be able to perform with numerous great musicians every year in Kusatsu. We share the greatness of music and I learn from them all the time. I have unforgettable performances in my past but when I played Schumann’ clarinet trio “” with Keiko Toyama and Seirge Collot, I learned the real meaning of ‘souple’ in performance from them. Kusatsu is the place where you can meet real musicians.

 

Academy: Is there any Mozart piece(s) which has a special meaning or memory for you? 

Prof. Shinohe: I love all of Mozart’ music. Particularly, those pieces in minor keys always give me chills.

リハーサル便り

関連記事

  1. カテジナ・ヤヴールコヴァー先生よりメッセージ

    2017.07.14
  2. 受講申込の受付を開始します!

    2017.05.31
  3. 講師インタヴュー vol.2

    2017.06.27
  4. 指揮者 矢崎彦太郎さんのインタビュー

    2017.07.11
  5. 2016年遠山基金奨学生 北村 陽さんの活躍

    2017.03.31
  6. ベルリンからの便り

    2017.07.05

Twitter

Facebook

PAGE TOP