Loading

STAFF BLOG

カテジナ・ヤヴールコヴァー先生よりメッセージ

 

昨年の音楽祭が終わった直後に飛び込んできた「ミス・ヤヴールコヴァ― ミュンヘン国際音楽コンクール第2位(1位なし)」のニュースには関係者一同が本当に驚きました。なぜなら、その10日ほど前まで草津のステージでゲスト・アーティストとして演奏をしていたから。オフタイムにはお菓子職人顔負けのクッキーを作ったり、時間があると森の中を走りに行ったりと、とてもアクティヴに草津での毎日を楽しんで過ごしていました。

そんな彼女が、本年初めて講師としてホルンクラスを開講します。

チェコで生まれ育ち、音楽を学んできた先生のレッスンを受講できる貴重な機会です。本年はオープニングコンサートでモーツァルトのホルン協奏曲第2番の演奏、18日はパノハ弦楽四重奏と共演、24日の木管アンサンブルのコンサートへの出演等を控えています。マスタークラスは8月24日から29日までの開講を予定しております。

 

カテジナ・ヤヴールコヴァ―先生から、マスタークラス開講にあたってのメッセージを頂きました。

「生徒さんと一緒に演奏する事がとても好きです。ホルンのレーパートリー曲目を演奏するだけでなく、毎日のウォーミングアップの時間はとても重要なものだと思っています。マスタークラスでは毎朝ウォーミングアップを一緒に行い、その後に受講曲や個人の練習したい曲(コンクール曲やオーディションの曲目なども)に取り組みたいと思っています。お互いの聴く力を高める為に、ホルン・トリオやホルン・カルテットなどの小編成のアンサンブルも出来れば、と思っています。」

 

【ヤヴールコヴァー先生略歴】

9歳よりホルンの演奏を始める。プラハ音楽院で学んだ後、プラハ芸術アカデミー学び、2016年に卒業。在学中、パリ国立高等学校・舞踏学校のA.カザレ氏のクラスにインターンシップ生として合格。

2011年      イタリア・スーヴェニア王フェデリコ2世国際フレンチ・ホルン・コンクール優勝/モラヴィアの秋国際音楽祭ホルンコンクール優勝

2013年  ブルノ国際金管楽器コンクール優勝/プラハの春国際音楽コンクール 1位獲得

2016年  ミュンヘン国際音楽コンクール第2位(1位なし)獲得

2017年  ニュー・クラシック・プラハ・アワード 上位受賞

2016年よりチェコ・フィルハーモニー管弦楽団所属

 

 

マスタークラスはすでに受講受付を締め切っておりますが、ホルン・マスタークラスはまだ人数に余裕がございますので、受講をご希望の方は、草津アカデミー事務局(℡03-5790-5561)までお問い合わせください。

 

指揮者 矢崎彦太郎さんのインタビュー

受講生の活躍レポート・中西圭祐さん

関連記事

  1. リハーサル便り

    2017.08.13
  2. 指揮者 矢崎彦太郎さんのインタビュー

    2017.07.11
  3. 講師インタビュー vol.4

    2017.08.16
  4. 2016年遠山基金奨学生 北村 陽さんの活躍

    2017.03.31
  5. 受講申込の受付を開始します!

    2017.05.31
  6. 2017 コンサートの聴きどころ・前編

    2017.08.02

Twitter

Facebook

PAGE TOP