Loading

STAFF BLOG

講師インタヴュー vol.1

 

今年の音楽祭に参加される講師陣へインタビューを行いました。草津でのコンサート出演、講師を務めるマスタークラスについてなどを伺い、ご自由にお答え頂きました。

1回目は、パノハカルテットのチェリスト、ヤロスラヴ・クールハン先生の回答と、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団およびウィーン国立歌劇場管弦楽団の首席チェリスト、タマーシュ・ヴァルガ先生の回答を紹介します。

 

【ヤロスラヴ・クールハン先生】

Academy : 講師の立場から見て、草津音楽祭のマスタークラスに参加する利点は何だと思いますか。

Prof.Kulhan:受講生にとって、海外からの講師に出会うことはとても重要だと思っています。刺激や新たなアイディアを、講師のみでなく他の受講生からも受けることができるのです。また第2言語を使用してコミュニケーションをする機会を得るので、そういった面でも成長が望めます。

 

Academy: 演奏者、また講師として草津音楽祭に参加される魅力を教えてください。

Prof.Kulhan:草津音楽祭にはいくつもの素晴らしい点があります。 例えば、コンサートのプログラムでは、普段スポットライトをあまり浴びない楽曲が取り上げられます。パノハカルテットとしては、ユリウシュ・ザレンプスキという今まで聞いたことも無かった作曲家の素晴らしいピアノ5重奏を岡田博美さんと数年前に演奏しました。それ以降、私たちカルテットのレパートリーとなっています。また、今までに、セルジュ・コロー(Va.) ヴォルフガング・ベッチャー(Vc.) ヴォルフガング・シュルツ(Fl.)トーマス・インデアミューレ(Ob.)各氏をはじめとする素晴らしい音楽家と共演する経験と栄誉に恵まれました。

 

Academy: 今年のテーマ、モーツァルトの楽曲で、思い入れのある作品は何かありますか。

Prof.Kulhan:レクイエム、魔笛、最後の3つの交響曲は個人的にとても思い入れがあります。モーツァルトの知識と深い人間の知恵が総じた作品だと思います。また、晩年の弦楽五重奏も同様に大変素晴らしいレヴェルにあると思います。

 

Academy: What is your opinion about the benefit of attending the masterclass in Kusatsu as a student?

Prof.Kulhan:As to benefits for students- I think there is very important moment to meet professors from foreign countries, to get new impulse, new ideas and to make contacts not onlywith professors, but also with fellow students. They have alsochance to use and to communicate in foreign language and so to improve also on this field.

 

Academy: What attracts you to join for the festival as a teacher and an artist?

Prof.Kulhan:I think there are many wonderful things at the KusatsuFestival and Academy. For example new ideas, concerningrepertoire. (Sometimes neglected pieces). As to our quartet, we never heard name J. Zarebski before. Few years ago weplayed his wonderful Piano Quintet with Mr. Okada here. Since that time is this wonderful music as a part of ourrepertoire. We also had very nice experience and privilege to play together with such outstanding artists like S. Collot, W. Boettcher, W. Schulz, T. Indermühle and others.

 

Academy: Is there any Mozart piece(s) which has a special meaning or memory for you? (questions relating with the theme of this year)

Prof.Kulhan:Well, that’s very personal…. As to me, for me has very special meaning Requiem, Zauberflöte, three last Symphonies. I think there is summa summarum of Mozart’s knowledgeand profound human wisdom. The same level are, (I think), last string Quintets.

 

【タマーシュ・ヴァルガ先生】

Academy:講師の立場から見て、草津音楽祭のマスタークラスに参加する利点は何だと思いますか。

Prof.Varga:クラシック音楽の奏者として、今までに数々のヨーロッパの作曲家の作品を勉強し演奏して来ましたが、それらの作品は、多くの場合民族音楽と関係があったり、民族音楽を元にされていますので、その音楽の発端や作曲された意図や意味を説明出来る人や先生に出会うのはとても重要だと思っています。また、講師が培って来た演奏経験が、生徒さんに作曲家の意図を理解してもらう際の手助けになると思っています。

 

Academy:演奏者、また講師として草津音楽祭に参加される魅力を教えてください。

Prof.Varga: 草津音楽祭はとてもフレンドリーな雰囲気です。全てのスタッフが音楽祭の成功の為に一生懸命で、訪れる人々、生徒さん、講師が必要とするものを100%得ることが出来ると思います。講師としてマスタークラスで教えるだけでなく、コンサートにも出演するというアイディアも良いと思います。新しい楽曲を学び、素晴らしい演奏家たちと一緒にコンサートに出演する機会があるのも、草津音楽祭に講師として参加する魅力のひとつです。

 

Academy:今年のテーマ、モーツァルトの楽曲で、思い入れのある作品は何かありますか。

Prof.Varga:モーツァルトの弦楽四重奏、弦楽五重奏、そしてフルート四重奏が特に好きです。彼は本当に天才で、250年経った今でも彼の楽曲は本物で人々を魅了し、感動させています。

 

Academy: What is your opinion about the benefit of attending the masterclass in Kusatsu as a student?

Prof.Varga:As a classical musician, we spend most of our time with studying and playing compositions of European composers. These compositions are very often based/attached to volksmusic. I think it is very important to meet people (teachers) who can explain the origin, the meaning of the compositions. Also the experience, that the teachers brings through their musical activities for many years, can help the students for a better understanding of the intention of the composers.

 

Academy:What attracts you to join for the festival as a teacher and an artist?

Prof.Varga:The Kusatsu Festival has a very friendly atmosphere. All staff members are working very hard on the success of the festival, and I think everyone, teachers and students get 100% what they need. I like the idea, that we are not only teaching, but also playing many concerts during the festival. We learn new pieces and get the chance to play chamber music together with fantastic colleagues.

 

Academy: Is there any Mozart piece(s) which has a special meaning or memory for you? (questions relating with the theme of this year)

Prof.Varga:I love the string quartets/quintets and flute quartets of Mozart especially. He was a real genius, and even after nearly 250 years his music is still actual, fascinating and touching.

志賀草津道路規制緩和について

講師インタヴュー vol.2

関連記事

  1. ベルリンからの便り

    2017.07.05
  2. 「草津アカデミー at ぐんまちゃん家」終了しました。

    2017.05.15
  3. いよいよチケット発売!

    2017.05.29
  4. 受講申込の受付を開始します!

    2017.05.31
  5. 音楽祭スタッフ募集について

    2017.05.21
  6. 指揮者 矢崎彦太郎さんのインタビュー

    2017.07.11

Twitter

Facebook

PAGE TOP